大規模修繕コンサルタントのホームドクター
大規模修繕コンサルタントTOP > 大規模修繕の基礎知識 > 工事監理は現場監督の仕事ではない?

工事監理は現場監督の仕事ではない?

工事監理者は現場監督の業務ではありません。現場監督の業務は施工管理です。
また現場監督という言い方は業界では一般的でなく現場代理人といいます。
何を代理しているかというと施工会社の代表代理ということです。

「監理」と「管理」は似て非なるものです。

工事監理の業務は、設計図書通りの工事がなされているかを照合し確認することです。大規模修繕工事に限らず、ある規模の建物の設計と工事監理は建築士法により建築士でなければ監理はできません。従って、設計・工事監理は建築士が担当します。

一方、施工管理とは建設にあたり、その工程、品質、安全、コスト、人材管理等のトータルマネジメントをしていく仕事です。この品質の部分をダブルチェックするのが工事監理者の存在意義です。

従って、監理と施工者は別々の方がチェック機能が働くことになりますので、設計監理方式が望ましいとされる理由です。設計、施工、監理がすべて一緒の会社ではチェック機能を働かせることが難しいのが現状ではないでしょうか。


週に1回から2回の現場監理は現場会議を意味するものではありません。
会議は監理のために設けられるもので、あくまで現場を監理することが肝要です。
足場に上り、各部をチェックして廻って初めていろいろなことが見えてきます。この点を施工管理者に任せっきりでは工事監理者の機能が半減してしまいます。

大規模修繕工事でも中間時や竣工時には管理組合の方にも足場や屋根に上っての確認を行うこともあります。その場合には管理組合の方には保険に加入します。
バルコニーの目の前に作られる足場に立ち入るには保険加入の他、入場許可が必要です。

竣工時には保証対象工事の保証書やアフターサービス連絡表、施工業者一覧などの重要書類の精査も欠かせない工事監理者の仕事です。予定した数量との増減により清算項目としている工事科目の精査も監理者の重要な仕事です。

NEXT 適切な長期修繕計画を作成する >>

当社理念
「安心して永く快適に住むための本当のパートナー」
▲このページのTOPへ